天草四ヶ本寺

  1642年、天草の初代代官に任じられた鈴木重成は、天草を10組、1町、87カ村に分割して、各組に大庄屋・年寄・百姓代を設置した。天草島原の乱後、人口が激減したため、移民政策を敢行し、西国大名に対し移民を要請した。
 寛永19年9月、実兄の正三を迎え、キリシタンの根絶と荒廃した人心の安定を図るため宗教政策として、寺や神社の創建・再建を進め、曹洞禅宗13ヶ寺、浄土宗7ヶ寺、真言宗1ヶ寺、計
21ヶ寺と神社2社を建立した。
 「天草4カ本寺」として、東向寺(本町)、國照寺(志岐)、崇円寺(河浦)、円性寺(栖本)には一段と高い寺格と寺領が付与され僧侶には地位と権威を与えた。行政面では各村の庄屋、村役人の目付役等重要な役割を持たせた。

徳川家が浄土宗 大本山:知恩院(京都市)、鈴木家は曹洞宗 大本山:永平寺(福井県)

 

天草四ヶ本寺 東向寺 

 本町の東向寺は、曹洞宗寺院で、ご本尊は釈迦如来です。

 1648慶安元年、開基:鈴木正三、開山:中華珪法によって創建されています。寺領:50石
 達磨 大権修理菩薩 十六羅漢 千手観音 聖徳太子像 天井絵  
 徳川家歴代位牌、鈴木三公の位牌が祀られています。 

天草四ヶ本寺 国照寺

 志岐の国照寺は、曹洞宗寺院で、ご本尊は釈迦如来です。

1644年、鈴木正三の開基で一庭融頓が開山として創建されています。寺領:45石

1649年、境内88ヶ所が設置ています。(天草最古)
  旧67番札所
 阿弥陀仏と25菩薩  

  高野山流人墓

  1697元禄10年 長福院阿闍梨秀漢・正福院阿闍梨乗良雲
 1713正徳3年 正覚院権大僧都秀量、他2

天草四ヶ本寺 円性寺

  栖本の円性寺は 、浄土宗の寺院でご本尊は阿弥陀如来です。

 1645年、 鈴木正三が開基 光誉純慶が開山によって創建されています。寺領:30石
  栖本城跡には境内88ヶ所が設置され、参道入り口には大師堂(昭和31年創建)があります。

天草四ヶ本寺 崇円寺

  河浦の崇円寺は浄土宗の寺院でご本尊は阿弥陀如来です。
  1645年  鈴木正三が開基、伝誉痛風が開山として創建されています。寺領:30石
 旧56番札所

崎津天主堂 カトリック教会